大阪のゲイの出会い

大阪でゲイの出会いを楽しむ

大阪のハッテン場

大阪のゲイの銭湯

投稿日:

大阪のゲイの銭湯は、サウナや、浴場の物陰で楽しむものです。仮眠室も備えたスーパー銭湯は、一般的にはフェラまでです。しかし、公衆浴場である銭湯の場合は、こじんまりしているため、フェラだけでなく、セックスをこっそり楽しむこともできるのが魅力です。大阪のスパワールドはゲイスポットとして有名ですが、スーパー銭湯の部類に入るので、フェラ程度までしか、普通は楽しむことができません。

大阪のゲイの銭湯のもうひとつのメリットは、各地に点在している点です。大阪のハッテン場やビデオボックス(ビデボ)は、キタ(堂山・中津)、ミナミ、京橋、天王寺(新今宮・あべの)の4ヶ所に固まっているので、通り道で気軽に寄ることができません。しかし銭湯の場合は、一応、大衆向けのお風呂なので、いろいろな場所に散らばっているんですね。そのため、近くを通りかかったときに、立ち寄りやすいという特徴があります。

ただし銭湯は、ハッテン場やビデボのように必ず性欲が満たされる場所ではありません。常にゲイの方がいるわけでもなく、全てノンケ用の銭湯なので、「ヤレたら、ラッキーだな」程度に、余裕を持って楽しめる方に向いているゲイスポットであるといえるでしょう。

大阪の銭湯に行けないときは!
無修正ゲイ動画No.1『JP BOYS』公式サイトはこちら

開店中の大阪のゲイの銭湯

大阪のゲイの銭湯で、現在、最も有名なのは、大阪環状線の東側の大正駅近くにある「金毘羅温泉」です。その他には、次のようなゲイの銭湯が大阪では有名です。人気のあるものが、上の方に来るように並べています。また、銭湯の場所の目安として、大阪環状線で見てどの辺りにあるかと、最寄り駅も書いておきました。

  • 金毘羅温泉(大阪環状線東側)大正駅
  • クラブ温泉(大阪環状線北側)中崎町駅・天満駅
  • なんば温泉(大阪環状線真ん中)難波駅
  • パレス温泉(大阪環状線外の北東)関目駅・関目成育駅・関目高殿駅
  • 和光浴場(大阪環状線南側)新今宮駅・天王寺駅
  • ぽんぽこ温泉(東大阪市)若江岩田駅から徒歩15分

これ以外の銭湯でゲイの方と遭遇しようとする場合は、あらかじめ掲示板などで告知しておかないと、なかなか出会うことはできません。

なお、大阪環状線の北側で中崎町駅・天満駅の近くにある「常盤湯」は、以前は有名でしたが、ゲイ排除の傾向が強くなったため、現在は、「常盤湯」はノンケ用の銭湯になってしまいました。そのため「常磐湯」を利用していたゲイの方は、すぐ近くにある「クラブ温泉」に移動したため、現在、「クラブ温泉」がやや活気のあるゲイ向け銭湯になっています。なお、それぞれの銭湯のより詳しい地図や情報については、「大阪府公衆浴場組合」か「@nifty 温泉」のホームページで確認すると、調べやすいです。

大阪でゲイが出会いやすい優良サイト!
大人気の『ワクワクメール』公式サイはこちら

閉店した大阪のゲイの銭湯

閉店した、有名なゲイ向けの銭湯は次の通りです。なお、「くじらの湯」は、しばらく休業との話もありますので、いずれ、復活するかもしれません。

  • 癒し くじらの湯(大阪環状線北側)東淀川駅
  • 玉造温泉(大阪環状線真ん中)玉造駅
  • 桜ノ宮 薬師の湯(大阪環状線東側)桜ノ宮駅

やはりゲイの方のよく通う銭湯でも、最近はなかなか経営が厳しくなってきているのかもしれません。銭湯は価格の上限が大阪府で決められているため、価格を高く設定することができないんですね。また、銭湯が儲かるためには、1日に120人以上お客さんが来る必要がありますが、実際は、どこも1日80人~90人程度と言われています。2012年に摘発された大阪のハッテン場「タフ(TOUGH)」も、平日の売上は1万円、休日の売上でも7~8万円程度と報道されていましたが、経費を引いたら、利益は微妙なところでしょう。

ただし銭湯の場合は、優遇されている面もあります。消耗品や修繕費、給湯設備などの経費に補助金がもらえ、さらに固定資産税が1/3になります。固定資産税については、大阪市の橋本元市長が平成21年に銭湯の固定資産税の割引(減免措置)を廃止しようとしましたが、結局、割引は残っており、平成26年度は50%の割引、平成27-28年度は34%の割引になっています。水道費は、大阪の銭湯のお湯は「湯屋用」として特別料金が設定されており、格安で水道を利用できるようになっています。東京では、銭湯1件あたりの補助金は1年で約566万円にものぼります。そのため、銭湯は実は利益率はかなり高いと言われていますが、それでも廃業する銭湯が多いわけですから、なかなか銭湯も大変なわけですね。

銭湯やハッテン場以外でも、大阪のゲイの方と出会いたい方には、男同士の出会いも検索できる『ワクワクメール』がオススメです。他の優良出会い系サイトの中で比較しても、『ワクワクメール』はゲイの登録者が多いので、大阪でゲイの出会いを求めている方は、一度、チェックしてみてもいいかもしれません。

 

大阪の銭湯で楽しめなかったときは!
ゲイが一番出会える『ワクワクメール』公式サイトはこちら


 

 

 

-大阪のハッテン場

関連記事

大阪のゲイの発展場

大阪の発展場は、大きく3ヶ所に分かれています。「キタエリア」「ミナミエリア」「天王寺エリア」の3ヶ所です。最も人気のあるのが「キタエリア」で、店舗も集中しています。次に人気なのが「天王寺エリア」になり …

大阪のハッテン場

大阪のハッテン場には、主に次の4種類あります。 普通のハッテン場 銭湯・スーパー銭湯のハッテン場 ビデオボックス(ビデボ)のハッテン場 映画館のハッテン場 公園のハッテン場 基本的には「ハッテン場=ヤ …

大阪の公園のハッテン場

大阪のハッテン場の公園は、基本的に6月~10月あたりの、夜でもあたたかい時期がシーズンです。ただし、あらかじめ告知しておけば、冬でも充分に会うことができます。大阪の公園のハッテン場は、2000年代は、 …

大阪のハッテン場「SPEED」とは

大阪のハッテン場「SPEED」は、若いゲイの方が集まるスポットです。入場は35歳以下限定で、さらに23歳以下だと価格も安くなるという特徴があります。 通常料金は1,500円で、深夜の0時~5時までなら …

大阪のスパワールドでゲイ

大阪でゲイの遊べる銭湯で有名なのは、やはり、スパワールドでしょう。「スパワールド」は、JR新今宮駅の近くにあります。スパワールドで遊べる主なスポットは、「スチームサウナ」・「Drスパ酵素」・「レスト( …